こんにちは!SEJAIです!

2018年10月から試験的に一年間、日本と韓国のパスポートを持っている人はミャンマーのビザが免除されることになりました。そしてさらに2019年10月からさらに追加で一年間(2020年9月まで)、ビザが免除されるようになりました。

しかし、様々な情報が行き交っています。「本当に大丈夫なの?どんな準備が必要なの?私の場合は大丈夫?」不安になっている方はいるでしょう。そこで今回は、ミャンマーインターン生として6か月ミャンマーで暮らしていた僕が、ミャンマービザ免除について徹底解説!

日本人・韓国人はビザ免除

繰り返しですが、日本・韓国のパスポートを持っている人は2018年10月から2019年9月までの一年間、試験的にビザ免除となりました!嬉しいニュースですね!

2019年10月から2020年9月までも追加で免除!

これまた嬉しいことに、さらに一年間追加でビザ免除になりました!今回は日本・韓国加えて香港とマカオのパスポート保持者も免除になっています!その他、中国・インドのビザを持っている人の条件も緩和されているそうです。ミャンマーに気軽に行けるようになってきていてうれしい!

ビザ免除の条件

ビザ免除となって嬉しいですが、なにやら免除の条件があるとかないとかの情報が行き交っているようです。

  1. 出国用航空券の提示
  2. 米ドル1000ドル以上を保持している
  3. 滞在期間は最長30日間
  4. 延長滞在は不可

この二つの条件が必要不要の条件が出てきています。それでは、こちらの真偽についてみていきましょう!

出国用航空券は実質不要

出国用航空券は実質不要です!

実質というのは、在日ミャンマー大使館の公式サイトによるとこのように発表されています。

(b) The Return Air Ticket (or) Air Ticket to the third country, the validity of within one month, has to submit.


在日ミャンマー大使館

なので、表向きは航空券が必要だという風に発表しているんですね。ですが、僕はミャンマーに6度程出入国していますが、一度も出国用航空券の提示を求められたことはありません。

なので、入国拒否されても責任は取れませんが、周りの日本人・ブログなどをみても免除期間中に「出国用航空券」を理由に拒否されたものは見られません。

1000ドルも必要なし

1000ドル必要なし!

こちらも、必要ありません。ですが、航空券と同様に大使館によると以下のように発表されています。

(a) US Dollar 1,000 have to show as Show Money at the entry.

在日ミャンマー大使館

ですが、先ほどと同様に6回の入国で一度も1000ドルの提示を求められたことはありません。現金で1000ドル持ってくる人もそういないでしょうし、こちらに関してはまずなくても大丈夫です。

※当サイトでは一切の責任をおいません。

滞在日数は30日まで

滞在日数は30日間が最大です。こちらはその通りで、パスポートに押された入国スタンプをよく確認して、しっかり期間内に出国してくださいね!

もし、30日以上の滞在をしたい方は、タイに一度出国するなどしてリセットする必要があります。また、基本的に延長はできないようなので、計画的に過ごしましょう!

空路・陸路のどちらで行けばいいのか?

ビザ免除になったものの、バックパッカー的に気になるのは「空路のみ」なのか陸路や海路も許されているのか。それ次第でミャンマーの周り方も、どこから行くかも変わりますからね。それでは見ていきましょう!

空路は勿論OK!陸路も一部可能

ビザなし入国は陸路、航路のみの入国可能とされる国も少なくありませんが、ミャンマーは陸路入国も可能です。開かれている国境はタイとインドとの国境です。中国に関してはビザを利用しても陸路で入る方法はありません。

ミャンマー – インド国境

ミャンマー-インド間の国境は二つ開かれています。

  • タムー(ミャンマー)-モレー(インド)間
  • リカワダル(ミャンマー)-ゾカワタル(インド)間

タムー

リカワダル

タムーはミャンマー第二の都市マンダレーからバスで12時間ほどで到着します。20000~30000ks(1400~2100円)で行くことが出来ますよ。

多くの観光客もタムーからモレに行き、そこからインパールを目指すというパターンが多いようで、こちらの方が観光客にはメジャーです。

どちらもミャンマー北部にあるので、一度マンダレーに行くとアクセスしやすいですよ!

ミャンマー – タイ国境

ミャンマー-タイ間の開かれている国境は以下のようです。

  • タチレク(ミャンマー)-メーサイ(タイ)
  • ミャワディ(ミャンマー)-メーソート(タイ)
  • コータウン(ミャンマー)-ラノーン(タイ)
  • ティーキー(ミャンマー)-プーナムロン(タイ)

タチレク

ミャワディ

コータウン

ティーキー

コータウンについては陸路ではなく航路です。距離は短いですが、船に乗って渡ります。また、ティーキーはあまり大きな都市ではなく、情報も少ないのでつかうなら他三つをご自身のルートに合わせて選ぶといいですよ!

陸路での注意事項

ここで、いくつか注意点があります。

  • ミャンマーからインドはインドビザが必要(ミャンマーで取れます)
  • タイからミャンマー入国は確実
  • インド入国は大使館によるとダメ

陸路インド入国はビザがいる

ミャンマーからタイはビザなしでいいですが、ミャンマーからインドはインドビザが必要です。陸路入国ではインドのアライバルビザをとれないので注意してくださいね!

インドからの入国は微妙?

実はインドからミャンマーへの陸路入国は大使館によるとできないらしいです。ですが多くの旅人がインドからビザなしで入ってきているので、入れないこともないんだと思います。不安な方は飛行機で入国した方がいいですね。

They are eligible to enter from International Airport of Yangon, Mandalay, and Nay Pyi Taw, International Port of Yangon, MyanmarThailand Land Border Checkpoint in Tachileik, Mayawaddy, Kawthaung and Hteekee.

ミャンマー大使館

出国はどこでもOK!

出国についてはどこでも大丈夫です。もちろん、外国人に開かれているボーダーだけですが、あなたのプランに合わせ考えることが出来ますね!

They can depart from Myanmar from all international entry/exit point.

ミャンマー大使館

※ミャンマー-中国については外国人に開かれていない。

ミャンマーにいこう

いかがでしたか?世界最強と言われる日本のパスポート。折角のこの機会を逃さずに、ミャンマーへ出向いてみてはいかがでしょうか?

それでは良い旅を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA