こんにちは!現在は二度目のインド旅行中のSEJAIです。

今回は、「インドに行ってみたいけど治安が不安!」という人に向けて、自称印プロのこの僕がインドの治安情報について徹底解説いたします!

インドの治安は全域でレベル1以上

チェンナイの街中

インドは外務省の海外安全ホームページによると、ほぼ全地域でレベル1となっています。一部、国境付近や東インドでレベル2以上にもなっていますが、主要観光地ではレベル1となっているのでご安心ください。それでは、詳しく見ていきましょう!」

デリーは雰囲気は明るい

デリーは人がとにかく多く、町全体としては明るい雰囲気があります。活気にあふれていて、街を歩いているだけでいろいろな人に話しかけられることでしょう。しかし、路地裏に入ると少し雰囲気が暗くなってきます。夜に1人で出歩くのは避けた方がいいです。

ムンバイの中心部は夜でも安心

ムンバイ市内

ムンバイは街全体にイギリス統治時代の面影が残っており、インドの中でも裕福層が多く住んでいるエリアでもあります。治安も非常に安定しているように見えました。街の中は他都市に比べると非常に清潔で、ゴミもそんなに多くありません。夜になっても人通りは多いので、安心できます。

とはいっても、海外で夜の一人歩きは危険なので、複数人で出かけるようにしましょう。

コルカタは夜までやっている店も多い

東インドの最大都市のコルカタは夜になっても営業しているバーやレストランが多く、ナイトライフが充実している印象があります。夜9時、10時になっても人通りは盛んでにぎわっています。

しかし、コルカタは街が複雑で大通りを一本それると薄暗い通りに出てしまいます。街もムンバイより汚くストリートチルドレン物乞いが多いです。ムンバイほど安定しているようには見えないので、観光客の夜遊びは避けた方がよさそうですね。

詐欺やスリなどの軽犯罪に注意

インドのリキシャ

フランクでフレンドリーなインド人。最初はいろいろ話しかけてくる人ばかりで「いい国だなあ」なんて思ってしまうかもしれませんが、騙されてはいけません。

彼らは仲良くなったふりをして騙してきます。

ぼったくりタクシー

インドでタクシーに乗る際は要注意が必要です。インドのタクシーは基本的に運転手に行先を告げて、その後に料金交渉するスタイルです。ですがこの時に我々が外国人であるということがわかると、相場の数倍の料金をふっかけてくることがあります。特に空港近辺では注意して下さい。

事前に相場を調べておくか、不安な方はuberなどのアプリを使うとより安心できます。

交渉して流しのタクシーを拾いたい方は、言い値の半額くらいを基準にして値切り交渉するといいですよ。「じゃあいいです」といって去ろうとすると、こちらの言い値で乗せてくれたりもします!

電車内でのスリ

インドは超満員電車でおなじみですが、それは長距離列車でも同じです。インドの列車の最安クラスのセカンドクラスは数百円で都市間の移動をすることが出来ますが、その分現地のインド人も愛用しています。

乗車率は路線によっては150%以上。椅子に座れずに網棚に乗る人や、三人用のシートに6人で乗っていたり。この状態で数時間耐えるというのは体力的にも大変ですが、スリの被害に遭う可能性も高めます。「移動中につい眠ってしまい、起きたら荷物がなくなっていた」ということもあるようです。

9時間などの長時間になると寝たくなると思うので、観光客はスリーパークラス以上の列車を選んだ方がいいでしょう。スリーパーなら指定席なので比較的快適で安全な旅が出来ます。

一般的なインドの列車のクラスと、その安全性・清潔度・安さは以下のようになります。参考にしてみてください。

クラス
安全性清潔度値段(安さ)
セカンドクラス★☆☆☆☆☆☆☆☆☆★★★★★
スリーパークラス★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆
ACスリー★★★★☆★★★☆☆★★☆☆☆
ACセカンド★★★★★★★★★☆★☆☆☆☆
ACファースト★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆

置き引きに注意

インドではスリに次いで置き引きも多いです。海外旅行に限らずですが、自分の荷物はしっかり自分で管理しましょう。少し仲良くなったインド人に荷物を見ていてもらったら、戻るとインド人と共に荷物もなくなっていたということがあります。注意してください!

強姦や違法薬物に注意

ここまで、スリや詐欺などの軽犯罪を紹介しましたが、インドで注意すべきことはこれだけではありません。インドでは日本ではあまり気にかけないようなことに巻き込まれる可能性もあります。

強姦が多いインド

インドでは近年強姦が問題となっています。2012年にも悲惨な強姦事件が発生しています。複数人に囲まれて連れていかれることが多いようなので、女性に限らず男性も夜の一人歩きはしない方がいいでしょう。

違法薬物に注意

インドでは違法薬物が一般市民が容易に入手できるほど身近にあります。ですが、日本でもインドでも違法なので使用することにメリットは今のところありません。使用していなくとも所持者と近くにいるときに現地警察に見つかると、数時間・数日の拘束に遭うこともあるので、そういったものに近づかないことを徹底しましょう!

トラブルに巻き込まれないためのインドマナー

最後に無駄なトラブルに巻き込まれないためのインドのマナーをいくつかご紹介!

左手は不浄!食事・握手は右手で

インドでは左手を「不浄」としており、握手やお金を渡す際に左手でそれを行うのは無礼とされています。日本で生活しているとそんなこと考えもしませんが、相手を不快にさせないためにも右手を使うことを心がけましょう!

イエスで首を横に振る

インドの人はイエスで「首を横に一回ふる」、そしてノーで「左右に振る」という習慣があります。日本ではイエスで頷き、ノーで首を横に振りますがインドではどちらの場合も横に振ります。はじめはなれませんが、頑張ってください!

露出の多い服は避ける

インドでは露出の多い服装を良く思われません。特にお寺など神聖な場所では、ノースリーブ・ショートパンツなどの服装で行くと怒られることもあるので、注意してください!

気を付けるところをしっかり守る!

いかがでしたか?インドには日本と全く違う価値観があり、日本では注意しなくていいこともインドでは気をつけなくてはいけなかったりします。スリや詐欺も多く、正直「観光に最適!」という国ではありません。しかし、行ってみると魅力も多く素敵な国です。

是非、注意すべきところをしっかり守ってインド旅行を楽しんでください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA