にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村

皆さんは初日の宿は予約する派ですか?しない派ですか?

僕は空港泊派です。

格安航空だと変な時間につくことが多いので、結果的に空港に泊った方が安全で疲れないで済みます。

でも、初めての一人海外旅行だったベトナムでは「え??海外の空港怖い!!」という考えから夜中着の便なのにわざわざハノイ市内まで高いタクシーに乗りホテルを探し始めました。

ホテルの予約をしていなかった僕

「海外の空港怖い!」とか言っているくせに、宿の予約はしていませんでした。

謎ですね。

しかし、そんなことにより僕は夜のハノイを徘徊する羽目に。。。

全く英語ができない

photo by pixabay

予約は取っていませんでしたが、ハノイの格安ゲストハウス情報を仕入れていた僕はタクシーの運転手にそこを伝えゲストハウスまではつくことが出来ました。

そうして、宿には着くことが出来たのですがレセプションの人と全く話が通じない。

僕「イマカラトマレマスカ?」(多分、相手にとってはこんな感じで聞こえていたと思います)

レセプション「フー」

僕「(は?なんで「hoo!」なんだよ。なめられてるのか?)ソーリー?」

レセプション「フー」

僕「???」

レセプション「フーフー!(切れ気味)」

僕「(フーって何なんだ!)???」

このやり取りを15分ほど続けたころにようやく、「full」と言っていたことに気が付きました。

(まじで「ふー」ってきこえる)

というのも、高校生になるまで故郷である北海道すら出たことがありませんでした。

この旅で初めて外国の英語に触れたのです。

なので、この瞬間まで対「外国人」の英語を全く知らなかったのです。

途方に暮れる

相手の言っていることが分かったのは良かったのですが、残念なお知らせの「満室です」だったので、他に探すしかありません。

しかし、時刻は深夜一時をまわったあたり。

あたりには野犬

全く知らない、言葉も通じない街。

今となっては大袈裟ですが、当時は「ああ、おわったな」とおもっていました。

しかし、長時間フライト&トランジットを終えた僕の体は疲労困憊中の困憊

何としてもベットにありつきたかった。

なので、仕方なく徘徊開始。

まだ、宿に泊れると思っていたころ

。。。

宿なくね???

地図アプリは事前に入れていたのですが、マップをダウンロードしていなかったのでそもそもどこがホテルなのかわからない。

周りは暗いし犬が吠えてるし、「怖い怖い・・・」。

「チープホテル!チープホテル!」を連呼

photo by pixabay

ここで、仕方なく最終奥義の「単語連呼の術」を発動しました。

英語が自由に扱えない旅人にありがちかもしれませんが、連呼していたらたどり着けるんですよね。

皆さんも困ったらなりふり構わず、周りの人全員に連呼してみてください。

英語ができる人に当たれば、すぐに見つかりますし一時間も続ければたどり着けます。

僕もその辺にいたバイクタクシーのおじさんに

「ホテルホテル!!チープホテル!!」

と、10分くらい言い続けた結果その日寝るところは見つけることが出来ました。

おじさんはすごく迷惑そうな顔をしていましたが(笑)

そしてチープじゃないホテル

こんなところにいたのか

翌朝チェックアウトのためにフロントにいくと、日本円で5000円と告げられました。

一日2000円で予算を組んでいた僕にとって5000円は大金です。

すごくきれいな部屋でしかも、ドミトリーじゃなかったので察してはいましたが、初日からこんなはずじゃなかった。。。

不安な人は予約するべき

僕のような失敗をしないためにも不安な人は是非予約するべきです。

しかし、夜着で下手に動き回るよりも空港の方が安全だと思うので、「空港にとまってもいい!」という人は是非空港泊してみてください。

お金もかからないし、安全。

最高ですね。

連呼作戦は最強

目的地に行きたいだけであれば、「連呼作戦」は最強です。

これで何度も救われました。

困ったときは「連呼」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA