水かけ祭りはタイで有名ですが、実は「ミャンマー」にもあるって知っていましたか

名前は「ティンジャン」といいます。

直訳すると「水祭り」です。

今回は、そんなミャンマーで行われる水かけ祭りがどんなものなのかをお伝えしようと思います。(ヤンゴンのものについてお知らせします)

ミャンマーの水かけ祭り「ティンジャン」

「ティンジャン」とはミャンマーの旧正月を祝う祭りで、4月13日~4月15日にかけて行われるかなりクレイジーな祭りです。

なにも知らずこの時期にミャンマーに行くとひどい目に合うかもしれないので、注意しましょう。

誰に水をかけてもいい?

車からかけようとして返り討ちに

「水かけ祭り」なので水をかけあう祭りなわけですが、友達や家族の間で水をかけあうわけではなく、そこらへんにいる人全員にかけまくるという祭りです

かなりクレイジー。。。

四方八方からかけられまくりです。

ホースでかけまくる人もいれば、水鉄砲をもって歩き回っている人もいます。

街を歩いていると本当にいろんなところから水をかけられるので注意が必要です。

ホースがゴツイ

出店もたくさんでお祭り

水かけ祭り期間では通りにたくさんの出店が出店しています。

水かけに疲れてきたら、近くの店に座って一休み・食べ歩きもできるので暇する時間はありません。

でも、何をしていようが水はかけられるので覚悟してください(笑)

特設会場でライブ状態に

ヤンゴンでは各地にいくつかライブ会場が設置されていて、そこでどんちゃん騒ぎをするようです

ライブではミャンマーの民族ダンスを披露したり、ミャンマーの有名人と思われる人たちが会場を盛り上げています。

みんなで水をかけられながらワイワイしています。

四方からホースで水をかけられます。

みんなべちょべちょのなか、ジャンプして騒いでいるのでわけわかりません。

場所その1(スーレーバゴダ付近)

スーレーバゴダという寺院のすぐ目の前で行われているので、見つけやすいと思います。

祭り当日はこの辺に向かっていく人がたくさんいるので、人の群れに入ってついていくのもありかもしれません。

スーレーバゴダはこんな感じの建物。

こちらでは、ミャンマー人歌手のライブの他にミャンマーの民族ダンスなども見ることが出来ます

いろんな年齢層の人たちが集まっています。

場所その2(19番通り)

こちらは少し見つけにくいかもしれません。

僕もミャンマー人の友達に連れていってもらったので、それまで知りませんでした。

こっちの会場では、ミャンマーの若い人に人気がある歌手がライブをしているようでした

スーレーバゴダの方よりも少し規模は小さいようでしたが、ミャンマーのわかっ者たちが集まって踊り狂っています。

盛り上がり方はこっちの方が凄かったです。

飛び跳ねながらどんちゃんやりたい人は是非こちらにお越しください。

水かけ祭りで注意したいこと

水に濡れながら、たくさんの人にもみくちゃにされるので注意事項が幾つかあります。

防水対策

本当にびしょびしょになってしまうので、スマホ・現金など濡らしたくないものはケースに入れておく必要があります

写真撮影なのをしたい方は細心の注意を払うか、防水装備を付けていきましょう。

※しかし、どれだけ注意しても濡れてしまうので無防備な電子機器はもっていかない方がいいです。

この期間は、むやみにパソコンなどの電子機器は持ち出さないようにすることをお勧めします。

こんな感じのケースはどこにでも売っているので、一つ買っておいた方がいいですね。

大体500~1000チャットくらいで売られているようです。

2019年4月現在では100円もしないです。

ケースの上からでも、スマホを操作できます。

防水はしっかりしてくれるので、安心してこれに入れてください。

ミャンマーの人たちはこれに、スマホや少額のお金・鍵など濡らしたくないものなくしたくないものを入れて持ち運んでいました

持ち物を死守する

持ち物を取られたりもそうですが、そうでなくても、人の波で持ち物がさらわれそうになります。

正直動けません

それでも他の人はずいずい推して迫ってきます。

怖い・・・。

インターン先の人と一緒に行ったんですが、人の波にさらわれて一度はぐれてしまいました。

手も挟まれると抜けません。

自分の荷物もさらわれてしまってなくしそうになりました。

なので、自分の荷物はしっかりと自分で持ってなくさないように注意してください

日本のライブ会場をイメージして行ってください。

まとめ

この時期ミャンマーでは40度近くになる日もありとても暑いです。

その中での水かけは結構気持ちいいです。

注意事項も多々ありますが、本当に楽しい祭りなので機会があれば是非行ってみてください!

では、良い旅を!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA