photo by pixabay

トルコの人は観光客に対してとても親切に接してくれる人が多く、無料でお茶やお菓子をもらったりすることが多いです。

ですが、残念ながら「日本人がよく詐欺の被害にあう」ということでも有名です。

今回は、楽しくトルコ旅行を終えるために注意してほしい詐欺についてお伝えします。

トルコで有名!絨毯詐欺!

photo by pixabay

トルコは高級絨毯で有名です。

僕にはわかりませんが、かなり高品質なんだとか。

物によっては数百万にもなるものもあるそうです。

なので、トルコ絨毯は旅行者のお土産として人気なのですが、そこを狙った詐欺がトルコのイスタンブールで頻発しています。

日本語で話しかけてくる人には注意!

手口についてですが、こんな人には注意です。

  • 日本語で話しかけてくる
  • 色々案内してくれる
  • やたら親切
  • 無理やりおごってくることも

まず、彼らは日本語でとても親切に話しかけてくることが多いです。

そのあとに、市内の観光案内をしてきます。

なので、一見は物凄く親切ないい人に見えることがほとんどです。

ですがこの後に、「僕の家族・親戚・友達がやっている店に来ないかい?」と言ってきます。

ここまでくると、とても親切にしてもらっているので断りにくい雰囲気が出てきます。

そして、店までのこのこついていくと買うまでなかなか店から出してくれなかったり、中には強面の男が何人も出てくることがあるそうです。

注意してください。

僕の場合

僕の場合はこのモスクの近くで話しかけられました。

僕に話しかけてきた人は「僕のお兄さんは警察なんだよ」と言っていました。

ほんとかどうかは定かではありませんが、安心させるためではないかと思っています。

そこから、「グランドバザールを案内してあげるよ!」と言われたので、のこのこついていきました。

そのあと、「僕の家族が経営しているお店に来ないかい?」と言われたので、「まあ、見るだけ行ってやるか」とついていきました。

しかし、何やら路地裏のしかも地下の店に連れていかれたので、「やっぱり帰るわ」みたいなことを言って帰ってきたのを覚えています。

注意点

  • 日本語で話しかけてくる人には注意
  • 路地裏・地下は避ける
  • 人目のつかないところに行きそうになったら引き返す

もっと詳しく知りたい方はこちらへ。

親切を装ったキャバクラ詐欺!

photo by pixabay

これもまた、最近はやりの詐欺です。

特に大学生旅行者が狙われる傾向にあるようです。

「最後に飲みに行こう」には注意しよう

こちらも、絨毯と似たような手口ですが、親切を装ったものが多いです。

色々と案内してもらった最後に飲みに「行こうか」と言われます。

こちらとしては、一日一緒にいたのもあってそこそこ仲良くなったのかな?という感じです。

なので、「最後に一緒に飲んで終わろうかな」という気分になってきています。

しかし、それに乗ってはいけません。

クラブかキャバクラのようなところに連れていかれて、お酒を飲むところまではいいのですが、そのあとに相手が「財布忘れた」「手持ちがない」などと抜かしてきます。

そして、会計は10万などという超高額。

そして、かれらは日本人学生がクレジットカードを持っていることを知っています

僕の知り合いでは8万支払ってしまった人もいました。

僕の場合

僕はグランドバザール付近で声をかけられて、一日一緒に行動していたのですが、最終的にガラタ塔付近まで連れていかれました。

そしてこの辺の怪しげなバー?に連れていかれました。

事前に情報を仕入れていたので、バーに入って怪しげなおじさんたちに囲まれたあたりで、自分の飲んだ分だけ金額を置いて全力で走って逃げてきました。

注意点

  • 日本語で話しかけてくる人
  • ガラタ塔付近
  • クレジットカードを持ち歩かない

タクシーにも要注意!

photo by pixabay

他には、タクシー運転手に騙されることもあるようです。

何気なく乗ってしまうタクシーですが、国外でタクシーに乗るときは注意が必要です。

タクシーを捕まえるときは注意

タクシーを拾う時ですが、ちゃんとしたタクシー乗り場から乗るようにしましょう。

それが厳しければ、宿が案内しているタクシー会社に電話するか、アプリを利用しましょう。

詐欺内容は様々ですが、代表的なのは以下のようなものです。

  • メーターが動かなくなり高額請求
  • 謎に遠回りして、高額請求
  • 10出したのに「これは1だ」と言われる

僕の場合

タクシム広場付近でタクシーを拾ったのですが、面倒くさくて適当にタクシーを拾ったのですが、目的地できっちり払ったのに「これじゃあ足りない、さっきもらったのは5リラだ」といわれました。

自分としては50リラ出して、金額も財布からしっかり減っていたので「いや払ったよ」「車内全部探してみなよ」と、10分程度ごたごたしていました。

最終的にはお恥ずかしながらブチギレ激昂したら、「もういいよ」と言って帰っていきました。

注意点

  • 安心できるタクシーを利用
  • 道で拾うのは避ける
  • アプリを利用
  • 最終的にはブチギレる

詐欺ツアー

photo by pixabay

こちらは僕は遭遇していないので、聞いた話ですが観光立国であるトルコならではの手口です。

ちゃんとしたツアー会社を選ぼう

その辺の客引きにツアーを組まされて高額なツアーを組まされる。

または、せっかくツアーを申し込んだのに行ってみると「予約されてないよ」と言われてしまうということもあるようです。

注意点

  • ホテルでツアー予約をする
  • 客引きは危ないことが多い

まとめ

トルコでの詐欺の有名どころはこのようになります。

十分に注意しましょう。

少しでも怪しいと感じたら、すぐに逃げるようにしましょう。

それでは、良い旅を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA