photo by photo-ac

私の旅に「tiger mov」さんが協賛してくださいました。

なので、今回はtiger movさんと海外インターンシップについて紹介したいと思います。

海外インターンシップ

来年、ミャンマーから南アフリカ共和国を目指そうとしている僕ですが、実はその前に海外インターンシップに挑戦しようとしています。

「将来、国外でも働けるようになれたらいいなあ」

という、なんともふわふわした理由で海外インターンを決めてしまいました。

皆さんの中でも、「就活に向けて準備・対策をしておきたい「働くのはどんなものなのか体験してみたい」という人は多いのではないのでしょうか?

そのインターンの選択肢の中には、短期・長期・国内・国外いろいろと条件があると思います。

そのなかで僕は「海外」と「長期」のインターンシップを選択しました。

先進国と途上国

海外インターンシップにもアメリカなどの先進国で行うものとアジア・アフリカ地域などの発展途上国で行うものがあります。

僕は「発展途上国」でのインターンシップに挑戦しようと思います。

まず、僕が調べたところによる先進国と発展途上国の違いを挙げてみると以下のようになります。

先進国

  • 高い英語力が求められることが多い
  • その分、語学力が身につく
  • 世界の最先端を見ることができる
  • 高い語学力が無いと、業務に深くかかわれないこともある
  • 生活費が高い

発展途上国

  • 日本人起業家による会社でのインターンが多い
  • 日本人社員がいるためそこまで高い語学力は求めらえないこともある
  • 成長している国を見ることができる
  • 先進国でのインターンほど語学力は身に着かない
  • 生活費が安い

僕は途上国を選びました

僕の場合は、そこまで高い英語力はないので条件に「toefl 90以上」などの条件があるところは無理だとおもいました。

また、お金もそんなにないので生活費にお金がかかってしまうというのはすごく困ります。

なので、発展途上国を選びました。

Tiger Mov

しかし、大学のインターンを探しても途上国でのインターンはなかなか見つかりませんでした。

そこで自分でいろいろ探してみると、「Tiger Mov」という会社が途上国でのインターンを紹介しているのを発見しました。

皆さんはご存知ですか?

こちらでは先進諸国でのインターンはもちろん、発展途上国やあまり日本ではあまりなじみのない国でのインターンも紹介しています。

アジア諸国をはじめとして、アフリカ・中南米の国でのインターンも紹介しています。

しかし、途上国の中には治安が気になる地域や国もありますよね。

Tiger Movさんでは、そこら辺の安全管理も行ってくれるので安心して現地での業務に集中することができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

インターンに挑戦してみようと思っている皆さん。

Tiger Movで、途上国でのインターンに挑戦してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA