photo by photo-ac

新婚旅行や卒業旅行、出張など様々な場面で海外に行く機会があるかと思いますが、旅先で体調が悪くなって「ほとんどの期間を病室で過ごすことになった」なんてことはできれば避けたいですよね。

お金の面で身を守ってくれるのは「海外保険」ですが、身体的に守ってくれるのは「ワクチン」です。

ですが、国や行く環境によって、どんなワクチンを打つべきか変わってきます。

なので、今回はワクチンの種類とその対象地域を一緒に紹介します。

一般的に世界一周などに行く人が打つワクチンはこちらです。

  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • 狂犬病
  • 破傷風
  • 日本脳炎
  • 黄熱

この中から、必要そうなものを選んで打つというわけです。

【注意】今回の値段については指標です。各病院によって異なります。また、値段は輸入ワクチンのものではございません。

A型肝炎

  • 感染経路:糞口感染
  • 国・地域:東南アジア・インド・アフリカなどの途上国
  • ワクチンの値段:8900円
  • 接種回数:3回
  • 予防方法:生水・生野菜など過熱されていないものを避ける

感染経路

こちらの感染経路は 糞口感染です。つまりは、糞便で汚れたものを口にすると感染する恐れがあります。

そんな糞便を口にする機会などそうそうないとは思いますが、実は、途上国などインフラ整備が十分になされていない国や地域では、水や食べ物がその感染経路となりうるのです。

国・地域

東南アジアやインド・アフリカなどの途上国では十分に気を付けるべきでしょう。

しかし、A型肝炎は先進国以外ではほぼ危険性があるので、アメリカやイギリスなどの先進国以外に行く人は打つことをお勧めします。

接種回数

こちらは三回となっています。

一回目とそれから2~4週間後と半年後です。

予防方法

こちらは、不衛生な環境での食事などによって感染する恐れがあるので、生水や十分に加熱がなされていない食べ物を口にしないようにしましょう。

また、性交渉などでも感染する恐れがあるので、十分な対策をして挑みましょう。

B型肝炎

  • 感染経路:主に性交渉
  • 国・地域:世界中に広く広まっている
  • ワクチンの値段:8600円
  • 接種回数:3回
  • 予防方法:性交渉を避ける

感染経路

こちらは、主に性交渉により感染します。

特に、東南アジアなどでは10%近くがウィルスを保有しているということで、その人との性交渉により感染するということです。

しかし、医療器具の使いまわしなどでも感染する恐れがあります。

国・地域

世界各国に広く広まっており、日本でも見られます。

しかし、保有率が地域によって異なり、東南アジアやアフリカなどではその割合が高く、一方で先進国では低くなっています。

接種回数

こちらも3回となっています。

一回目とそこから4週間後と半年後です。

予防方法

性交渉による感染が多いので、むやみに行わないことと、しっかりと対策をして挑みましょう。

狂犬病

  • 感染経路:動物との接触
  • 国・地域:広く世界に広まっている
  • ワクチンの値段:16500円
  • 接種回数:3回
  • 予防方法:動物に近寄らない

感染経路

人から人への感染は少なく、狂犬病に感染している動物との接触によって感染します。

噛まれたり、傷口を舐められらりなどの体液が体内に入ることによって感染します。

こちらは発症すると致死率が100%なので、打っておいて損はないでしょう。

安心して旅行を続けられます。

国・地域

日本・イギリス・ノルウェー・スウェーデン・オーストラリア・ニュージーランドなどの島国ではなくなっていますが、それ以外の地域では狂犬病による死亡者が毎年見られます。

こちらも、先進諸国では比較的少なめですが、アジア・アフリカなどの途上国では多く報告されています。

接種回数

こちらも、3回の接種が必要になります。

一回目とそれから4週間後と半年から1年後の3回です。

予防方法

やはり、どんなに可愛い生き物でもむやみに触らないことでしょう。

特に野生の生き物は危険です。

哺乳類が保有しているので、犬などはもちろんコウモリなどにも注意が必要です。

また、万が一噛まれた場合、予防接種をしていなければ24時間以内に病院でワクチンを打ってもらい、その後病院の指示に従い複数回のワクチン接種が必要です。

ワクチンを打っていても、なるべく早めに病院へ行きましょう。

また、噛まれた直後に傷口を石鹸で念入りに洗うことで菌を殺すこともできるそうです。

破傷風

  • 感染経路:傷口から
  • 国・地域:広く世界に分布
  • ワクチンの値段:3700円
  • 接種回数:3回
  • 予防方法:傷口をしっかりふさぐ

感染経路

傷口から菌が入り込むことによって感染します。

あまり衛生的ではない環境で傷口に汚れた水や泥がつくと感染する恐れがあります。

国・地域

世界中に広く分布しています。

アウトドアでのアクティビティや途上国などに行く人は打つ必要があるでしょう。

接種回数

こちらも3回です。

しかし、破傷風に関しては3種混合などですでに接種している人もいると思うので、期間内であれば大丈夫です。

12歳で3種混合のワクチンを打った人は20代前半までは大丈夫でしょう。

予防方法

傷口に汚れた水や泥・土が入らないようにすればよいのですが、完全にということはおそらく無理なので、こちらは、たとえ日本でもワクチンを打つことをお勧めします。

日本脳炎

  • 感染経路:蚊を媒介
  • 国・地域:東アジア・南アジア・東南アジア
  • ワクチンの値段:7200円
  • 接種回数:3回
  • 予防方法:虫よけ

感染経路

蚊を媒介して感染します。

蚊の多い地域では十分に気を付けましょう。

国・地域

東アジア・南アジア・東南アジア などにみられる感染症です。

こちらの地域に行く予定のある方は打つことをお勧めします。

接種回数

こちらも3回です。

1回目とそこから1~4週間後と1年後です。

予防方法

蚊によって感染するので、虫よけ対策と、蚊が多い地域に行く人は、長袖などで皮膚をあまり出さないようにしましょう。

黄熱

  • 感染経路:蚊によって媒介
  • 国・地域:アフリカ・中南米
  • ワクチンの値段:6000円
  • 接種回数:1回
  • 予防方法:虫よけ

感染経路

蚊によって媒介される感染症です。

国・地域

アフリカ・中南米で注意が必要です。

特に、アフリカならば中央アフリカ・西アフリカなどで流行しているようです。

中南米ではブラジルを中心に流行しているようです。

接種回数

こちらは一回の接種で生涯有効です。

予防方法

こちらも、蚊によって感染するので虫よけ対策や長袖を着るなど刺されないようにしましょう。

また、黄熱にに関しては、ワクチン接種の証明書がないとそもそも入国できない国も存在するので、自分の向かう国がそうでないかをしっかり調べておきましょう。

「イエローカード」と言われる証明書の提示を求められることがあります。

発行してもらった際はパスポートと同様に大切に保管しましょう。

その他

他にも、デング熱やポリオなど地域によっては打っていかなくてはいけないワクチンはたくさんあると思います。

自分の訪問国をよく調べて、安心安全な旅を送りましょう!

安くワクチン接種(スネークファーム)

日本でワクチンを打つとかなりの値段になってしまうことがあります。

これを安く済ませよう!と思うと打つワクチンを減らすなどをしなくてはいけなくなりますが、せっかくお金で買える安全は買っておきたいですよね。

そんな人で、時間のある方は是非タイのスネークファームに行ってみてください。

こちらは、日本で打つよりもかなーり安くワクチン接種ができるのでタイに1~2週間くらいいられるよって方はいいかもしれません。

全てきっかり打つとタイに3週間くらいいるはめになるので、日本で輸入ワクチンの方を打ってもらい、そのあと残りをタイで打つなどしたらいいかもしれませんね。

「途上国のワクチンなんて不安だ!」という方も安心してください。

こちらは赤十字なのでそこらへんは安心していいと思います。

打ちに行く方は

  • パスポート
  • 現金(日本円で1万くらい)

を忘れないようにしましょう。

また、1日に打てるのは4本までなのでそこも注意しておきましょう。

おわりに

ワクチン接種にはしっかり全部やろうと思うと1~2か月必要になるのでしっかりお医者さんと相談の上でスケジュールを組んでおきましょう。

また、日本で打つワクチンと海外のワクチンが異なる場合もあるので、日本と海外両方で打つという方は、お医者さんにその旨をしっかり伝えておきましょう。

それでは、良い旅を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA