こんにちはSejaiです!今回は僕が東南アジアで一番好きな国のベトナムをご紹介したいと思います。

ベトナムハノイ・ホイアン・ホーチミンの三都市をご紹介させていただきます。

ハノイ

まずは、ベトナムの首都ハノイです。

ベトナムと言えばホーチミン(サイゴン)が有名だと思いますが、実は首都は北部にあるハノイなんです。

ホーチミンのような煌びやかで発展した街とは少し違いますが、ハノイも首都なだけあって人通りも多くとても賑やかな街です。

僕が滞在したのは旧市街の方なのでそちらをメインに紹介させていただきます。

旧市街

旧市街の町並みは上の写真のような感じです。少し古めの建物がずらーっと並んでいて「旧市街好き」にはなかなかたまらない光景です。

街を歩いている人の中には笠をかぶっている人たちも多く「ベトナムきたな~」っていう感じがずんずんします。

ベトナムのおばさん。快く撮影おっけいしてくれました。
少し照れてる

通りの両側には日用品やカフェやレストランなども並んでいて歩いていて飽きることはありません。

その中でもおすすめの食べ物がこれ。

たしか名前はバインセオ(2017年では2~300円くらい)

バインセオという名前だったと思います。

バインセオが食べられるお店はハノイ旧市街にいくつもありますが、僕はこのお店を激押しします!

お店の名前は「 Quán Bánh Tôm Hàng Bồ 」。

おばちゃんがたくさんの鍋に囲まれながらずっと忙しそうに作り続けていました。

「勝手に撮りな」みたいな感じで撮らせてくれました(笑)

揚げた何かの生地で炒めた野菜を挟めたものをライスペーパーで巻いてたれに付けて食べるものなんですが、パリッとした生地の中に野菜が入っていてとても美味しいしヘルシー。

はまり過ぎてハノイ滞在中に4~5回行ってしまいました(笑)

他にもおすすめはこれ。

衛生面が気になる方はやめた方がいいかも(2017年で80円くらいでした)

名前はわかりません。

見た目的に「これ食べたらお腹やられるな~」と思ったので、絶対買わないようにしていたのですが、出店の人にめちゃくちゃ押されて結構いやいや買いました。

で、食べてみると想像よりかなりおいしかったです。

飲み物というよりは食べ物。デザートみたいな感じですね。

もちもちしたゼリーみたいなものや甘納豆、黒蜜ゼリー、餅?みたいなものなど、いろんなスイーツの上にクリームをかけたもので、スターバックスのフラペチーノ感覚で食べることができます。

旧市街に三か所くらい見つけました。

是非見かけた方は挑戦してみるといいかもしれません。

旧市街の通りの風景

街を歩いているだけでも日本とは全く異なる風景が見れて「異国感」満載なので、ベトナムのハノイはとてもおすすめです。

ハロン湾

船からのハロン湾

ハロン湾については知っている方も多いのではないでしょうか。

ここは、ハノイからツアーも出ていて一日で行って帰ってくることができます。

僕はツアーに参加させてもらったのですが、朝に出て夕方6時ごろに帰ってきたのですが、もし個人で行くという人がいればハロン湾付近で泊まって次の日までゆっくりして帰ってくることもできるでしょう。

まずバスでハロン湾付近の港まで行きます。

そこから船に乗るとだんだんと奥の方に無数の島が出てきてなかなか圧巻です。

船からのハロン湾

ハロン湾のクルージングも可能だとは思いますが、ハロン湾の中の一番大きい島の中には洞窟があってそこに行くこともできます。

なかはイルミネーションで装飾されていてかなり観光地化されています。

そこにがっかりしてしまう人もいると思いますが、人工的に作られたきれいな景色もなかなか素敵ですよ。

洞窟内部

また、僕のツアーでは手漕ぎボートでハロン湾を少しだけまわることもできました。

笠をかぶった人たちが案内してくれます。

ハロン湾以外にも、ハノイからホアルータムコックという陸のハロンと言われているところやサパという山岳地帯の村に行くこともできるので是非ハノイからいろいろとまわってみてください。

photo by pixabay

ホイアン

ホイアンの夜

続いてはホイアンです。

ここは毎晩ランタンで街が彩られているとてもきれいな街です。

ハノイからバス一本で行くことができます。

毎月一日だけ、物凄い量のランタンで飾られるそうですが、その日じゃなくても上の写真くらいにはなるので、観光客でごった返す中をあまり歩きたくないよって方は、普通の日に行くだけでも十分に満足できると思います。

昼間の風景はこんな感じになります。

昼のホイアン

昼間のホイアンはこんな感じです。

街は全体的に黄色の建物で囲まれています。

ここは観光地としてかなり有名なので、観光地化がすごく進んでいます。

その分、あまり海外に慣れていない方でも迷ったりすることなく、ホイアンでの滞在を楽しめるかと思います。

その分、少しだけ生活費の方が高くなっているかな?という感じなのでそこは観光地と割り切っていきましょう。

それでも、日本に比べれば十分に安いのでお得感はあまり損なわれることはないです。

街の中心に流れる川

ホイアンの中心には少し大きめの川が流れていて、そこから手漕ぎボートでランタンで輝く街を眺めることができます。

僕は一人で乗りましたが、家族やカップル、友達と来ている方はみんなで乗った方が安くなるのでお勧めです。

それに1人だとかなりさみしいです(笑)

ホイアン中心部から少し離れると観光客用の安宿が集まっている地区があります。

赤ピンの立っている付近ですね。

中心部から近くて、そこそこ安めの宿も多いです。

僕が泊まったのは「 Hop Yen Hotel」 という宿です」

朝食付きで1000円未満かつ清潔なドミトリーだったので、宿が決まらなかった人は是非こちらに泊まってみてください。

ホーチミン

ホーチミンの夜

こちらは僕はあまり長く滞在してないのでたいしたご紹介はできませんがちょこっとさせてもらいます。

まず、昼のホーチミンです。

靴磨き屋さん

バックパッカーストリートというところに出ていくとそこには大きな公園があります。

昼間はそこでぼーっとするのもいいでしょう。

そこから、中心地の方に向かって歩くとベイタイン市場などいろんな市場があります。

そこでショッピングなども楽しめるので、バックパッカーストリートの公園を中心にいろんなところに行くことをお勧めします。

他にも、ホーチミン博物館やサイゴン大聖堂などの観光名所などもバスやタクシーで行ける距離にあります。

夜のブイビエン通り

次は夜のホーチミンです。

ホーチミンはベトナム最大都市なのでナイトライフの方もかなり充実しています。

クラブやバーなどでお酒を飲んで楽しんでみてはいかがでしょうか?

ブイビエン通り付近にはバックパッカーに優しい安宿が多く、食べ物屋さんもかなり安い店が多いです。

人通りも賑やかで、両側にお店がずらーっと並んでいるので飽きることなく楽しめると思います。

旅行はベトナムへ

ベトナムは文化・自然遺産両方が楽しめて、都市からのアクセツもかなりいいです。

食の方ですが、日本人になじみ深い食材が多く使われていて、ほとんどの食べ物が抵抗なく楽しめると思います。

バスなども発達していて都市間で飛行機を使わなくても、無理なくいろんな街をまわることができます。

是非皆さんベトナムに行ってみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA